相続申告について Archives | 相続の申告って大変?

HOME » 相続申告について

相続申告について

専門家に支払う報酬額は?

相続の申告はかなり難しく、昨日今日でかかわった人にとっては頭が痛い問題です。
ネットや書籍では事細かく説明はしているものの、内容は難しく理解するのに時間がかかるのは否めません。
そこで頼りになるのが、税理士などの専門家です。
ただし彼らはボランティアで仕事をしている訳ではないので、報酬を支払わなければいけません。
≫ 『専門家に支払う報酬額は?』

もしも申告漏れが起きてしまうと…

相続の申告は、何回も経験するものではありません。
だから申告のミステイクも、当然起こるでしょう。
申告のミステイクの中でも特に注意したいのが、申告漏れについてです。
現に申告漏れを起こしている人は、相続発生件数のうちおよそ20%です。
「たったの20%」とおもわれるかもしれませんが、20%という数字はかなり大きいです。
≫ 『もしも申告漏れが起きてしまうと…』

相続申告の注意点

相続の申告は細かいところまできっちりと決められており、少しでも油断してしまうと酷い目に遭ってしまうのがオチです。
ただ「細かい部分に注意しろ」と言われても、どうすれば良いのかわかりません。
でも「できませんでした」で済まされないのが、相続の申告です。
そこで、申告を進める上で気をつけておきたい注意点について3つ取り上げます。
≫ 『相続申告の注意点』

消費税と相続

生前に被相続人が店舗経営をしていた場合、店舗を相続したのなら消費税の申告が必要です。
店を引き継ぐ前に既に店舗経営をしているのなら、消費税の申告については熟知しているかとおもいます。
でも店舗経営がないまま店を相続したとなると、どうして良いのかわかりません。
そこで、消費税の申告について取り上げます。
≫ 『消費税と相続』

相続申告までの期間

相続の申告には期限があり、必ず守らなければいけません。
しかし期限はいつまでに定められているのか、ハッキリわからないという方も多いでしょう。
そこで、相続の申告はいつまでに進めなければならないのか取り上げます。
締切までの期間が短いものから長いものまで色々あるので、必ず抑えておいて下さい。
≫ 『相続申告までの期間』

申告に必要となる印鑑証明書

相続の申告にはいろんな書類が必要になりますが、中でも必要になるのが印鑑証明です。
相続の申告を他の相続人に任せていたとしても、印鑑証明に関しては自ら準備しなければいけません。
では印鑑証明とはどういう書類なのか、どんな時に印鑑証明を使うのかについても取り上げます。
≫ 『申告に必要となる印鑑証明書』