相続申告までの期間 | 相続の申告って大変?

HOME » 相続申告について » 相続申告までの期間

相続申告までの期間

相続の申告には期限があり、必ず守らなければいけません。
しかし期限はいつまでに定められているのか、ハッキリわからないという方も多いでしょう。
そこで、相続の申告はいつまでに進めなければならないのか取り上げます。
締切までの期間が短いものから長いものまで色々あるので、必ず抑えておいて下さい。

相続放棄の申告までの期間は、3ヶ月以内です。
相続放棄とは、相続財産を引き継ぐ権利を読んで時のごとく放棄することを言います。
相続財産の中には現金や株券などの財産も含まれますが、中には借金も相続財産と見なされます。
借金を受け継いだのならば、被相続人の借金を肩代わりすることになります。
でも相続放棄をすれば、借金を相続する必要はありません。
当然ながら申告義務もありません。
ただし相続放棄は何もかも放棄することになるので、現金や不動産の相続もできなくなります。
相続放棄に踏み切って良いのかどうか、3ヶ月の間じっくり考えて下さい。

相続の申告までの期間で最も重要視すべきは、相続税の申告と納税です。
万が一1日でも遅れてしまうと、手痛いペナルティが待ち受けています。
相続税の申告・納税までの期間は、10ヶ月以内です。
1年近くの期間があれば大丈夫とおもわれるかもしれませんが、申告・納税の準備を進めれば10ヶ月はあっという間です。
自らの手で申告準備を進める人も多いですが、かかる手間を考えて専門家に頼む人もいます。

ちなみに不動産・預貯金・株価・自動車の手続きに関しては、いつでも申請することができます。
相続開始から10年近く経って手続きをしても、法律上何の問題もありません。
ただし期間が定められていないからと放置してしまうと、申告の際にはかなり面倒な手続きが求められる場合があります。
期限は定められてはいないものの、なるべく早く申告を済ませておいた方が得策です。

相続の申告までの期間は、申告内容によって大きく変わります。
いつまでに済ませなければならないのか必ず確認してから、申告を進めて下さい。